画で見るCSR測定 ・滑り止め工事の施工事例

転倒事故から訴訟

読んで後悔? 読まずに後悔?

今では事故のあった現地で事故状況を再現した正確な測定ができるようになっています。「滑りを数値化できる」とは、危険の責任所在を明確にできるということです。
「滑り=責任」は客観的に判断できるのです。
「事故が起こらないよう」、そして万が一事故が起こったときにも施設側には非がないことを主張できるよう床に対する管理を行いましょう。

C.S.R測定

様々な条件で測定可能です。お気軽にお問い合わせください。

MENU
PAGE TOP