メンテナンスリポート

お客様から、「滑り止めを施工してから3年ぐらい経った施工現場を見せて欲しい」というご要望をいただきました。

ちょうど3年目の時期が近づいておりましたので、「中華料理チェーン店」様に一緒に伺いました。

「以前(施工前)は雨の日に大変滑り易くなって、大変危険でした。」とインタビューに答えていただいたのは、中華料理チェーン店 店長のS様。
「何とかしようと雨の日にはマットを敷いたり、こまめに水を切ったりと工夫はしたものの・・・」歩きなれた従業員でさえも思わず滑ってしまうほど危険な状態だったと当時を振り返ります。

お客様

どうして施工されたのですか?

店長

お店柄、お客様の中にはお年を召した方も結構いらっしゃいます。
何かあってからでは遅いですし、お店の責任もあります。
防滑改修工事を知ったのは、お客様からたまたま紹介されたことがきっかけでした。
もちろん当時はそんな施工があるとは知りもしません。かといって何もしないわけにいきませんから、(半信半疑でしたが)とりあえず施工してもらったんです。

お客様

施工されてからはいかがですか?

店長

それからは、お客様からのクレームや転倒事故は聞かなくなりました。
もちろん従業員も安心して歩いております。たまに忘れ物をされたお客様を追いかけて、勢いよく外に飛び出して滑ってしまうことがあったのですが、今はそんなこともなくなりました。(笑)

お客様

実際に施工したお客様のお話が聞けてよかったです。

店長

ちょっと良く言いすぎたかな。ははは。

後日談・・・

さきがけ

先日はほんとうにありがとうございました。お客様(部長)も安心して帰られました。
防滑効果がこんなに残っていてほんとうによかったです。(実はドキドキでした。)
メンテナンス(清掃)はどうされているのですか?

店長

たまにモップで拭いているよ。

さきがけ

えぇ~ (◎_◎;) それだけなんですか?
床の表面が汚れてしまっては効果が半減してしまいます。こちらのような国道沿いの店舗の場合、排気ガスの油汚れや細かいススがたまりやすいといえます。
たまには水で洗い流してくださいね。また、お客様の靴の裏に着いて、店内から持ち出される油汚れも、付着すると滑りの原因になることがあります。
3ヶ月~半年に一度ぐらいでけっこうなので、今使っている清掃業者に洗剤を使った清掃を依頼してみてくださいね。

店長

あ~そうですかぁ。

さきがけ

って、この前お邪魔した時にも言ったじゃないですかぁ~ 店長 (;´д`)
でも、それでも効果が残っていたということで逆に安心できました。
不具合があればいつでもご相談ください。

滑り止め工事を採用頂いたマンションの理事長様

なぜ滑り止めをしようと思ったのでしょうか?

雨の日に転んで腕の骨を折った住人の方がいました。総会で皆さんに聞いたところ、実際に転んだ人や「ヒヤッ!」とした事がある人が多いのを知り、ホームページで滑り止めを探しました。

滑り止め工事を採用された理由は何ですか?

試しにデモ工事をしてもらったところ、効果がはっきりと分かったので即決しました。

価格についてはいかがでしょうか?

他の工法に比べ割安だと思います。また、予算に応じて施工面積を相談出来る点が安心できて非常に助かりました。

滑り止め工事を採用頂いた一般のご家庭(奥様より)

なぜ滑り止めをしようと思ったのでしょうか?

何度もお風呂場で転んで危ない思いをしました。介護保険を利用して住宅リフォームを考え、その時にお風呂場もと思いました。

滑り止め工事に当社を採用された理由は何ですか?

リフォーム会社に紹介されました。

価格についてはいかがでしょうか?

他の場所と一緒に介護保険を利用したのでよく分かりません。

滑り止め工事を採用頂いた愛犬家のご家庭

なぜ滑り止めをしようと思ったのでしょうか?

雨の日、うちの犬がタイルで滑るのを何とかしたかった。犬が腰を悪くしてからでは遅いので。

滑り止め工事に当社を採用された理由は何ですか?

ホームページで滑り止めを検索して連絡したら、直ぐに来てくれて試験的にやってもらった一部の効果が良かったから。

価格についてはいかがでしょうか?

綺麗になったし、滑らなくなったし、いいんじゃないの。

概算で見積りをしてみる

・わずか数項目で完了!

Read more
お問い合わせから施工までの流れ

・快適な歩行空間への簡単ステップ

Read more
サンプルタイルを取り寄せる

・防滑効果を体感できます(無料)

Read more
転倒事故から訴訟

読んで後悔? 読まずに後悔?

今では事故のあった現地で事故状況を再現した正確な測定ができるようになっています。「滑りを数値化できる」とは、危険の責任所在を明確にできるということです。
「滑り=責任」は客観的に判断できるのです。
「事故が起こらないよう」、そして万が一事故が起こったときにも施設側には非がないことを主張できるよう床に対する管理を行いましょう。