CSR値試験を依頼してから、結果が出るまでどれくらいの日数が掛かりますか?
混雑状況によりますが、おおよそ2~3営業日となります。緊急を要する場合には、出来る限りのご相談に応じます。
貴社にサンプルを送ってCSR値の試験をしてもらう際、試料の大きさは?
10cm×10cm以上であれば測定可能です。□300のタイル等の場合、カットする必要はありません。そのまま送ってください。
現場でCSR値を測ってもらうことは出来ますか?
はい。全国各地にお邪魔しております。(交通費のご負担をいただいております。)お見積りフォームがございますのでご利用ください。
急いでいます!測定後すぐにCSR値を教えてもらえますか?
はい。測定完了後、先ずはメールにて測定値をお知らせします。追って報告書を発送します。
測定条件のダストや水+ダストとはなんですか?
ダストとは埃がある状態を想定しています。また、JIS A 1454に記される水+ダストとは、例えるなら田んぼから長靴で上がってきた様な状態となります。
しかし、JIS A 1509では上記条件と共に、実状に近いと言われている水+ダスト条件が記されていますので、そちらもご検討ください。
ダストや水+ダストの条件でCSR値を測定出来ますか?
もちろん可能です。だだし、追加条件の費用が掛かります。その他、厨房等を想定した油や洗剤等での測定依頼もございます。
1枚送ればいいのですか?
同じ製品でも物性誤差、測定誤差等を鑑みて3~5枚測定し、その製品のCSR値として公表されているようです。特に人力施工の塗物の場合には、仕上がりにムラが出る為、複数枚の測定をして平均を取ることが必要です。
シート状の物はステンレス板に張り付けないとダメですか?
いいえ。表面が平滑な物であれば何でも結構です。下地を拾うと正確な数値が出ない為です。
CSR測定結果報告書の宛名を発注者にしてもらえますか?
はい。注文用紙に「報告書の宛名」欄がございますので、そちらにご記入願います。
CSR測定結果報告書を3部ほしいのですが?
ご用意いたします。ただし、追加1通につき2,000円となります。
すべり片の「硬さ80・硬さ30・その他」とは、何の事ですか?
試料のCSR値を測定する際に「何で測るか?」という事で、JIS A 1454に規定されているすべり片の事です。通常、硬さ80が一般の靴底相当と考えられています。
(転倒事故関連の場合には、当時履いていた履物で測定する場合が殆どです。)
フローリングのCSR測定は出来ますか?
はい。ただし、フローリングの場合は、靴下やスリッパで歩行する場所ですから、すべり片として使用する靴下やスリッパのご用意をお願いしております。(靴下やスリッパは材質によってCSR値が異なります。)
フローリングの犬に対するすべり具合を測定出来ますか?
もちろん測定可能です。犬の場合、CSR・D′という数値で評価し、CSR値とは全く異なる数値となります。
犬の為に滑りにくさを追求される方もいらっしゃいますが、人が歩きにくくなっては本末転倒だと考えます。人・犬ともに快適な歩行空間を考えてください。
CSRとBPNの互換性、計算式はないのですか?
全くございません。BPNは車と舗装のすべり具合を評価するものです。測定の簡便性から、以前はBPNが用いられておりましたが、東京都条例、バリアフリー法の改訂により、国内の歩行時の滑りに関してはCSRで管理することになりました。
○○材だとCSR値はどれ位ですか?
例えば同じ石でも切出した部分によっても異なりますし、産地によっても当然異なります。
また、使用するすべり片によって数値は大きく異なりますので、何とも申し上げにくいところです。
ホームページに載っている○○場所のCSR値は、どれ位ですか?
申し訳ございません。過去に測定した施設・材料についてのCSR値は、一切公表しておりません。
CSR値は「数値が高い方が滑り難い」ですよね?
湿潤時の計測値が、乾燥時より高いと言う結果が出るのは何故ですか?
木工製品にはよく見られる測定結果です。
これは、木製バットの滑り止めに唾を掛ける事(近年ではスプレーが主流ですが)と同様だと思われます。

C.S.R測定

様々な条件で測定可能です。お気軽にお問い合わせください。