知らないことで損をしていませんか?

自然災害の損害調査、申請サポートします

保険金増額交渉

弁護士との連携

成功報酬制度でリスク0

相談から調査まで無料

空撮で証拠写真

防災対策にも

ご存じですか?火災保険のご利用につて

自然災害時(暴風、大雨・洪水、火災、落雷、竜巻、雪害)「火事以外の災害・被害」でも補償されます。
家内部・外壁・門・カーポート・サイディング・屋根などほとんどの部分で保険が適応されます。

風災

雪災

水災

雷災

外部衝突

破損

汚損

水漏れ

雨漏り

地震

保証範囲はあくまで自然災害によるものですから、以下の場合は適用されません。

  • ​経年劣化による損傷
  • 地震による被害(地震保証に入っていない場合)
  • 故意による破壊

また以前に保険が認められた箇所は、同じ理由での保険適用は認められませんので注意が必要です。

一度修繕後、新たな災害による損傷の場合は、認められますので修繕工事を先送りしないことが肝要です。

損害から3年が過ぎてしまうと経年劣化と判断されてしまいます。
この損害も対象なの?と思ったら迷わず無料相談してください。

第三者である私たちが損害を発見することで保険契約前の損害も請求できる場合がございます。

私たちは保険金の増額と手間の削減に貢献します

当社の調査ノウハウと弁護士による増額交渉、それに伴う手間の削減でお客様へ貢献、サポートいたします。
完全報酬型で保険金が下りなければ費用はいただきません。

3つの調査ノウハウ

ノウハウ 01

調査・発見

プロだからこそ発見できる撮影のノウハウのもと、火災保険申請に向けたドローンを使用した調査を行います。

お客様の立会は不要・室内への入室も不要です。手間なくご依頼が可能です。

ノウハウ 02

分析・報告

過去1000件を超える火災保険の申請結果をデータベース化しています。

専任の事故報告書作成チームの手により、どの部分を損害として申請するかの選択、保険会社や鑑定人が支払いを承諾できる報告書を作成します。

ノウハウ 03

否認交渉

1人のお客様ごとに、専任の弁護士が1件1件丁寧に交渉を担当します。

保険会社からの質問事項に対して明確なロジックを基に交渉にあたります。入金先も一本化することにより保険受給までの申請スピードを、2倍のスピードで受給することが可能です

これって火災保険の対象なの?と思ったら

まずはお問合せください

メール・電話・FAX お客様のご都合で結構です。

些細な事でも気になることは何でもご相談ください。

STEP
1

弊社からの返信

保険適用の可否をお知らせいたします。

否となった場合は、ここで終了となります。(無料)

STEP
2

お客様からの調査依頼(契約)

日程調整の上、調査に伺います。

調査に費用は掛かりません。(完全成功報酬制)

STEP
3

お客様が証拠書類を提出

保険会社へ保険金請求をお願いいたします。(資料は弊社が作成)

保険会社とのやり取りはお客様自身で行います。(サポートします)

STEP
4

お客様に保険金の入金(完了)

弊社から請求書をお送りしますので、成功報酬のお支払いをお願いいたします。

STEP
5

こんな会社にはご注意ください

保険金が満額受給されます

ドローンによる正確な調査をもっても100%ということはありえません。

保険証券を確認しない

補償の範囲や期間によって補償対象外という場合もあります。
事前に確認しないで調査料を請求されたりリフォーム代を請求されるケースがあります。

虚偽の損害報告

わざと破損させて事故を装い保険金申請を進める場合は完全な詐欺行為ですので加担してはいけません。

  • 調査は無料だが、サポート代金に多額請求をしてくる
  • 嘘の理由で保険請求し、詐欺に該当する(業者が申請していても、お客様自身が詐欺に該当することがあります)
  • 保険がおりるからと、無駄な工事も追加される
  • 火災保険適用前提で工事を行い、結局保険がおりない
  • ​工事費用がかかってしまう

見極めるポイント

1.突然の訪問でも冷静に対応しその場で契約はしない。
名刺を受領し、ホームページ等によりその会社を十分に調査しましょう。
ポイントは、人物鑑定と同様に会社の住所の記載、代表者の顔写真、社歴、過大な表現がないかです。地方公共団体等の第三者評価の認定があるか否かも信頼のポイントとなります。

2.屋根には上らせない。
調査と偽り、屋根に上りスレート、瓦を割りあたかも自然災害の損傷であるかのように偽り、保険申請を促します。保険会社をだますような虚偽の理由の請求をすれば「消費者自身が違法行為の責任を問われる可能性もある」ので注意が必要です。

3.キャンセル料に対し高額な違約金の請求を求められた。
契約内容をよく確認することが第一歩です。キャンセル料は他の業界でも通例であります。しかし、中途解約が50%と高額であったり、たとえそれより低いパーセンテージであっても上限がなく一律のパーセンテージでの請求なら注意を要します。

4.高額見積もりは要注意!
見積もりは、高く出せばよいというのは間違いです。損害保険会社は修理の際に共通の損害修理基準表により損害算定を行い保険金を確定します。従って地区相場からかけ離れた見積書は減額されると同時に、不審な見積書と疑われ支払い保険金にも影響しますのでご注意下さい。

5.保険金額内で工事をしてもらえるのかを確認を!
トラブルの多くは、保険会社に提出した見積書より支給保険金額が減額されていた場合に見積書通りの工事を強要され、追加で費用を請求されるケースです。自己負担無しで保険金額内で工事となるのかを確認し、その相談に応じてくれる業者さんを選びましょう。


一般社団法人日本損害保険協会からも(「保険金が使える」という住宅修理サービスでのトラブルにご注意)という注意喚起がされております。

下記フォームからお気軽にご相談ください

ご相談内容をご記入の上、送信してください。
追って弊社サポートからご連絡し、可能な限りご相談にお答えします。

    メールアドレス (必須)
    お名前(ニックネーム可)(必須)
    ふりがな
    御社名
    部署名
    電話番号
    FAX番号 (FAXでの返信を希望される場合にはご記入ください)
    ご紹介者 ※ご紹介者がいる場合は名前をご入力ください
    保険証券がお手元に(必須)
    物件住所(市区町村) (必須) (丁目・番地は任意です)
    ご希望の返信方法 (必須)
    ご相談内容

     確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
    はい